FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

熊本旅行の時、新幹線の中とホテルとホームで読んでいました。
ちょうど帰りの岡山駅を過ぎた頃に読み終わりました。

2時間でいまがわかる! 日本経済こうすれば復興する!


官愚の国


日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える


3冊とも中々面白かったです。

毎月買っているのは、
天文ガイドと


星ナビ


月刊正論


ぐらいです。

後は、コミックとか、料理の本とか、推理小説とかです。
ほとんどは、amazonで発注しています。
注文履歴が分かるし、専門書も扱っているから。
何分趣味が、かなりマニアックなものもありますので、普通の本屋さんでは買えなかったり。。。
スポンサーサイト

大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)を作る

先日届いていた、大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)を作ることにした。

DSC01934.jpg

中をあけてみる。
DSC01935.jpg

説明書を読むと、付属のドライバーだけで作ることが出来るようだ。
左右の本体側板まで作ったところ。
DSC01937.jpg

本体前板にシャッターを取り付ける。
ここは、バネの取り付けがあり、チョッと手間取った。
DSC01938.jpg

裏蓋の組み立て、本体の組み立て、ファインダーの取り付け、レンズの組み立てまで、一気にしてしまった。
しかし、作業としては、本体組み立て時に2本のネジ以外は緩めたままにしておくことと、ミラーに両面テープを貼る際に、裏側保護被膜を取らずに両面テープを貼ってしまい、保護被膜分の除去に苦労してしまった。
DSC01940.jpg

ファインダー部分を取り付け、レンズを、印を合わせてねじ込んでいけば完成だ。
DSC0194111.jpg

フィルムは持っているが、現像するのに手間がかかるので、今回は、撮影は、しない。
しかし、ファインダーを覗いてピントを合わしているだけでも、結構楽しいのだった。
さて、何時撮影しようかな、被写体を何にするかも考えなければ。



大人の科学マガジン Vol.11 ( ニュートンの反射望遠鏡 ) (Gakken Mook)

本日午後12時半頃に、先日注文していた、大人の科学マガジン Vol.11 ( ニュートンの反射望遠鏡 ) (Gakken Mook) が到着。

DSC01930.jpg

早速組み立てることにした。
DSC01931.jpg

ここまでで、半分終了。
DSC01932.jpg

ここから、筒を紙で作っていく。

これで完成だ。
結構時間がかかってしまった。(1時間弱)
DSC01933.jpg

ニュートンが作った最初の反射望遠鏡は、6インチ(約15cm)、鏡筒は6フィート(約1.8m)。
今回のレプリカは英国王立協会所有のものだが、これも18世紀後半に作られたレプリカだ。
この英国王立協会所有のものでは、主鏡約50mm、焦点距離160mm、接眼レンズ4.2mmで、倍率は38倍だ。適正最大倍率は50倍。
今回のレプリカの口径は32mmだ。適正最大倍率は32倍である。
前回ガリレオ式の時には、ピント合わせをしたが、今回は面倒なので、パス。

本の方を読んでいて、鏡を磨きたくなってしまった。
35cmか40cmぐらいで、ドブソニアンを作りたいけど、今は買ったほうが安いかもしれないなぁ。
と思って調べてみたら、40cmで600k円だから、手が出ないなぁ・・・

自作のページも見てみたけれど、20cmに比較すると数倍の労力が必要な感じだ。
諦めようっと。。。
宝くじが当たれば、考えようかな(当たる訳がないけど)。。。


「大人の科学マガジン」を大人買い

アマゾンで本を物色していたら、

大人の科学マガジン Vol.19 ガリレオの望遠鏡

真空管工作 (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン)

大人の科学マガジン Vol.22(平賀源内のエレキテル) (Gakken Mook)

大人の科学マガジン Vol.25(二眼レフカメラ) (Gakken Mook)

大人の科学マガジン Vol.11 ( ニュートンの反射望遠鏡 ) (Gakken Mook)

を見つけて、発注。
上4個が本日到着。
DSC01923.jpg

このうちのガリレオの望遠鏡を作ってみることにした。
DSC01925.jpg

中身を空けると、
DSC01926.jpg

以前作ったもの(確か、コルキット。「2010はりま宇宙講座第2回目に参加した」の記事参照)に比べると、本付きなので、仕方がないか。。。
で、早速作っていくことにした。
DSC01927.jpg


これの筒を作るのがかなり面倒だった。
また、照準を合わせるところをきちんとしておかないといけなかったので、結果的に少し筒の紙が破れてしまった。
木工用ボンドで作った方が融通が利いたようだ。私は、両面テープを使ってしまったのだが。

で、完成したので、東の方角にある紅葉している山で、焦点をあわせておいた。
その後、玄関の壁にポスターを貼って取り付けた。
DSC01928.jpg

望遠鏡を取り付けたところポスターの裏側は、両面テープで壁に取り付けている。
しかし、1時間ぐらいすると、ボトンと床に落ちてしまう。
両面テープの性能が悪いのか、三脚取り付け部分を外して軽くする方がいいのか。
ということで、三脚取り付け部分を外した。

さて、明日は、西はりま天文台で、午後2時から、「はりま宇宙講座」の「昼間の星を観察しよう」の講義だ。
昼は、PAで食べるか、佐用町で食べるか、適当に考えながら、高速で行くか。
まだ、体調が十分ではないから、休みながら行かないといけないけど。


今読んでいる本

読んでいるというか、勉強している本が2冊あります。

一つ目は、「Arduinoをはじめよう」
どんな本かと言うと、簡単に言えば、マイコンのプログラミングですね。
LEDの点滅を制御するとか、光に感知するセンサーを使って電気をオンオフするとかのプログラムの勉強です。
まだまだ途中で良く理解できていませんけど。
ホームページを参考にして勉強しています。

http://www.eleki-jack.com/FC/arduino/

Arduinoをはじめよう


もう一つは、「星空☆案内人になろう!」です。
たまに、子供会などから天体観測会の要望があるので、これで、勉強をしておく必要があるなぁと購入。
資格試験があるらしいので、7月に申し込んで受講してみようと思っています。
http://www.nhao.jp/sommelier/

星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス)


久しぶりの読書

先週の日曜日の怪我がまだ癒えていないため、今日も休んでしまった。
明日は仕事に行くか。

朝からすることもなかったので、久しぶりに本を読んだ。


今までの内田作品では、浅見光彦か竹村岩男かだったのだが、今回は、村久紘道という広告マンだった。
何時もは浅見光彦を読んでいたので、サーっ読めたのだが、今回はストーリーが全く読めず、最初は戸惑いながら読んでいたが、1/3ぐらいから何となくストーリーに入ることが出来た。

結局3時間ほどかかったが、飛鳥を舞台とし、巨悪と戦うというスケールの大きな話だった。

うーん、星5個中3.5ってとこかな。

午後は、「シャーロック・ホームズの生還」でも読むかな。


暇なので、自己分析をしたのだが、読んでいる本とそれ以外のジャンルは・・・

天文関係(天文ガイド等と星雲星団関係と撮影関係とアニメ)、推理関係の本(マンガを含む)、歴史関係の本(マンガを含む)、政治関係の本(小説と月刊正論)、ラーメン関係の本(マンガを含む)、蕎麦関係の本(マンガを含む)、酒関係の本(マンガを含む)、ドゥーパ等の日曜大工関係の本、車関係の漫画、SF関係(本とDVD)、料理関係の本。

宮崎アニメとガンダム(DVD)もあったか。
Nゲージも持っているけど。

JPOPは、20年ほど前の物かそれ以上前の物だけだな。
最近では、10年前ぐらいの倉田ぐらいか。

テレビゲームは、三国志と信長の野望とファイナルファンタジーとドラゴンクエストが主な物。

後は、インターネットでの検索で、建築関係を調べたかな。
パソコンの関係は、必要に応じて、インターネットで調べたり、本を買ったか。

これだけのジャンルをカバーしていれば、オタクではないと思うのだけど(笑)。
やっぱりオタクかな(^^;;
家で一人で出来ることばかりだから・・・

一応、仕事関係は除いていますけど。



プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。