スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿圏の過去の地震

ちょっと気になっていたので、「近畿 断層」で過去の近畿圏の地震を調べてみた。

http://www.nakamura-architect.net/jisin-map.htm

によると、以下の地図が大変参考になる。

[地図の見方] 赤紫の楕円主要な震源域で、なかでも濃赤は要注意断層帯で警戒が必要です。

[地震デ-タの見方]

  上段/地震名
 下段/左から年月日、被害程度(下記)、津波(Tは被害有り、tは計測器に記録あるも被害なし)
       、M(マグニチュ-ド)、死者・不明者数 を示す。

[被害程度]
    ①微小被害 ②小被害 ③複数の死者(または全壊家屋) ④死者20人以上(全壊1000戸以上)
  ⑤死者200人以上(全壊1万戸以上) ⑥2000人以上(10万戸以上)
  ⑦死者2万人以上 (全壊100万戸以上)

jisin-map02.jpg
jisin-map01.jpg


どうやら我が家は大丈夫だが、実家の近くを山崎断層が、三木市から山崎町まで走っているようだ。

一部の地震名称の中に、大文字のTの文字が入ったものは、津波があり、被害者被害があったというものらしいので、沿岸の方は、過去の言い伝えや地域の記録を調べておいたほうがいいだろう。

同じ記事を、もう一つのブログにも載せておこう。

今回調べた理由は、以下の記事が原因だ。


「島の言い伝え、命救った」=1142年前の大津波―石碑建て継承・宮城時事通信 4月23日(土)5時31分配信

 両岸から大津波が押し寄せ、島の中央でぶつかった―。日本三景「松島」の東端にある宮城県東松島市の宮戸島。平安時代の869年(貞観11年)に東北地方太平洋岸で起きた大地震「貞観地震」をめぐり、島民の間にはこんな言い伝えが残されている。
 ぶつかったとされる場所(標高約10メートル)には石碑が建っており、そこより下は危険とされていた。東日本大震災で約1000人の島民は石碑より高台にある市立宮戸小学校などに一斉に避難。津波は浜辺の集落の大半をのみこんだが、石碑の手前でとどまり、犠牲者は数人にとどまった。「先人の言い伝えが命を救った」。近くに住む観音寺住職の渡辺照悟さん(80)はしみじみと語った。
 複数の島民によると、貞観地震では津波で多くの人が命を落としたとみられ、言い伝えは島民の間に浸透。大きな地震が起きると高台に逃げる習慣が身に付いていた。周辺の地名は「二ツ橋」とされており、「二つの津波がぶつかる姿を橋に見立てたのでは」と指摘する声もある。
 今回の津波で多くの犠牲者を出した近くの同市野蒜でも似たような話があった。カキ養殖業高橋勲さん(68)は1960年のチリ地震の際、潮が大きく引いた浜でピチピチと跳ねる魚を発見。手ですくおうとしていたところ、1896年の明治三陸地震の津波を知る長老が「大津波の前兆だ。早く逃げろ」と叫び、助かった。
 高橋さんは「海辺の言い伝えを知っていた漁師は今回も助かった」と振り返る。渡辺さんは「経験を後世に残すため、『平成の石碑』を並べて建てようか」と話した。 

スポンサーサイト

静岡県富士宮市での震度6

平成23年3月15日午後10時31分頃、マグニチュード 6.4(暫定値) 震度6強の地震があった。
朝日新聞の記事によるイラストでは、北アメリカプレートとフィリピンプレートとユーラシアプレートの境目あたりの尖がった部分である。

位置から考えると、今回の東北太平洋沖地震が太平洋プレートと北アメリカプレートにより起きたものであり、長野県の地震が、それを起因とする北アメリカプレートとユーラシアプレートにより起きたものであると想定されることから、東北太平洋沖地震を原因とする太平洋プレートとフィリピンプレートとユーラシアプレートにより起きたものと考えるのが正しいようだ。

とすると、フィリピンプレートとユーラシアプレートによって起こされると想定されている、東南海地震にまでは波及しないと想定されるが、東北太平洋沖地震の余震がここまで酷いと、もしかしたらということもありうるので、十分な注意が必要だろう。

震源地が、海の中にあり、震度6以上の場合には、津波に注意する必要がある。
震度5程度では、場所によるが大丈夫なのかもしれない。
海岸線に近いところの直下型地震では、危ないかもしれない。

147.jpg


なお、私は、今回の地震があった時間帯の記憶がないので、、、
どれだけ揺れたのかなぁ???

東北太平洋沖地震2

一旦削除しましたが、やっぱり掲載します。
私が見た朝からのテレビを基にした情報分析です。
何分素人ですので不十分と思い、一旦削除したのですが、何らかの情報提供に役立つならと掲載します。


夜が明けて、マスコミ各社のヘリが飛んで、色々な情報が分かってきました。
マグニチュード8.8ということで、阪神大震災は、7.3でしたので、200倍以上のエネルギーらしいです。
震度は、同じ震度7ですが、大規模な津波が発生し、影響範囲が広すぎます。

関東圏でも、震度5強ということでした。

その後、長野県栄村を震源地とする、別の地震が起きています。

両方の地震を起源とする余震が、起きており、正確な震源地をすぐに特定できなくなっています。
また、地震計も、東北地方では壊れたり通信途絶したりしているようです。

海岸線には、原子力発電所が結構あり、その中の福島第1原子力発電所の1号炉が危険水域に入っているため、対応を協議中です。炉内の水蒸気を抜くようなので、少し放射能漏れがあるかもしれません。第2原発も緊急事態宣言です。炉の冷却系等が故障している模様です。
今の所、それ以外の原子力発電所については、自動停止したようです。


地震の原因は、太平洋プレートと北アメリカプレートとの押し合いが原因のようです。
だから、長野では、東北の地震が原因での、北アメリカプレートとユーラシアプレートとの押し合いが原因の地震だと思われます。
147.jpg

テレビの映像から、今回の地震は、地震本体の災害も大きかったのですが、それ以上に津波の大きさ、速さにびっくりしました。
地図を見ると分かるのですが、海に向かって開いている地形のため、海からは、だんだん狭くなっていくところに津波が押し寄せます。したがって必然的に、津波が大きくなっていきます。最大で約10mということでしたので、たいていの建物がのまれたことになります。

仙台空港です。丸ごと飲み込まれています。車が横転していたり、木材や砂が空港全体に残っているようです。
140.jpg

岩手県の陸前高田市です。町全体が津波に飲み込まれています。家が残っていません。ここも、水が引いていません。写真左が海との境界のようです。一面海水が入り込んでいて、水が引いていません。30cm~60cmぐらいの地盤沈下があったという話です。
g1.jpg
144.jpg

海岸線沿いにある石油コンビナートが、何箇所か不明ですが、炎上しています。漁港にある漁船、港にあるフェリー等の船の被害も甚大で、陸に打ち上げられています。道路もあちらこちらで寸断され、救助活動に支障をきたしています。今の所、ヘりによる救助しか方法がないようです。

g3.jpg
141.jpg
写真左上が海との境界のようです。一面海水が入り込んでいて、水が引いていません。30cm~60cmぐらいの地盤沈下があったという話です。海岸線沿いにある石油コンビナートが、何箇所か不明ですが、炎上しています。漁港にある漁船、港にあるフェリー等の船の被害も甚大で、陸に打ち上げられています。道路もあちらこちらで寸断され、救助活動に支障をきたしています。今の所、ヘりによる救助しか方法がないようです。

こちらは、長野県のほうの映像です。橋のところに段差が出来ています。JR飯山線では、線路の下の土砂が崩れて、走行できなくなっています。
143.jpg

以上のことは、早朝から夜明けにかけて、各マスコミが取材に飛ばした、ヘリからの情報で、まだまだ十分な情報が得られていないときに書きました。

その後、各地で取り残されていた方たちが、陸自や海自や海保や警察や消防や地元消防団により、順次助けれれているようです。関係者の方たちの努力に敬意を表します。

また、まだ、助けの手が届いていない方々も、必ず助けは行くと思いますので、頑張ってください。

とにかく、交通手段の寸断が支障をきたしており、長野も東北も、交通手段の復旧か、ヘリによる救出しかないようです。

マスゴミのヘリは、邪魔だから明日からは、救援活動以外は飛ばないようにしてください。救助活動の邪魔になるような情報を国民は望んでいません!

海上自衛隊や米軍による海上捜査を明日ぐらいから開始するようです。

将来的に心配するのは、メルトダウンです。何とか防止してください。


以上、何も手助けできない無力感の中で、何とか分かる範囲で情報を発信しておきます。

東北太平洋沖地震

皆さん、ご無事ですか?
私の知り合いも何人か、東北地方・関東地方にいますので、心配です。

津波が、かなり大きいものだったので(最大で、3階建てを超えている?)、被害状況が未だに十分に把握できていないようです。
しかも、停電とガスと水のストップとが重なっていますので。

阪神大地震のときは、食料と水と寒さが問題だったと思います。
更に、余震による2次3次災害(潰れかかったビルが倒れることもあります)もありますので、十分検討して行動してください。

とにかく地震があったら、熱関係を発生するものは全てカットして、安全な高いところに逃げてください。
食料品は、コンビニ系が動き始めてくれるはずです。
輸送手段の問題はありますが。(道路の断線等)

携帯電話の通話がしにくいようなので、固定電話で連絡したほうがいいのでしょうか?

とにかく、大変ですが、頑張ってください。

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。