スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

但馬まるごと感動市2

11月8日(日)、但馬ドームでやっている但馬まるごと感動市に行って来た。

少し高いと思っていたのだが、タバコを吸いに行った帰りに買ってみた。
1774.jpg
たこ焼き「焔」のたこ焼き、8個500円。
かなりピンボケ、何分暗いところでの一発撮影。。。確認していなかったw
1769_20151109033707982.jpg
周りはカリッと、中はふわふわ、蛸もやわらか、でも、たこ焼きの大きさからいうと、蛸が少し小さく感じたかなぁ。

続いて、但馬ビーフはまだ
1770_20151109033709a1a.jpg
コロッケを頂きました。130円
1771_20151109033710c7c.jpg
1772_20151109033711bd6.jpg
美味しかった。

最後に今日の昼ごはん。
会場を回っていて、2日連続の肉はチョッと無理があるような、体調だったので、海鮮で。
1773.jpg
かに寿司。800円。これもピンボケ。何分暗いところでの一発撮影。。。
1775.jpg
1776.jpg
今日の体調にぴったりの量(コロッケを食べて、たこ焼きを食べての話)、で美味しく頂きました。

以上、本日の金額はたこ焼き500円、コロッケ130円、かに寿司800円、ペットボトル2本320円、の計1,750円でした。

2日間で、2万人ほど来ていたのかなぁ・・・



スポンサーサイト

但馬まるごと感動市

11月7日(土)、但馬ドームでやっている但馬まるごと感動市に行って来た。
1767_2015110716454993f.jpg

今回の目的は、和田山駅で予約販売されている、駅弁を購入することだ。
店はここ。
1765_201511071646102ef.jpg

今回買ったのは、これ。
1763_2015110716463158c.jpg

1764_20151107164633677.jpg

次は牛めし弁当かなぁ(^^;

会場の様子。
1766_201511071646484ae.jpg

入り口付近でやっていた、石釜でピッツァを焼いていたところ。
1768_20151107164717d41.jpg

本日使用した金額は、駅弁1,030円、JAたじまのうどん300円、焼ソバ250円の総額1,580円でした。

研修旅行に行ってきました(研修を除く)

加美林業研究クラブの研修旅行が、平成23年4月15日(金)16日(土)とありましたので、HP担当者として、参加してきました。

初日の朝は、天気が良かったので、近所の花を撮影しました。
171-1.jpg

近所の先生の庭に植えてある、しだれ桜です。奥様に聞いたのですが、やや色あせてきている状態だそうです。
172-1.jpg

173-1.jpg

174-1.jpg

公会堂で、我が集落から参加する2人とともに、朝8時15分頃に、迎えのバスに乗り、出発です。
途中、数人を拾い、参加者は、全員で10人(参加率は、60%超?)です。

昼は、蒜山高原センターで、定番のバーベキューです。
175-1.jpg

この後は、鳥取県の現地に到着後、研修です。
これについては、近い内に、加美林業研究クラブでUPしたいと思います。

翌日、島根ワイナリー、出雲大社等々の定番の所に。
196-1.jpg

ここでは、ソフトクリームだけ購入。
195-1.jpg

次は、出雲大社。
205-1.jpg

改築中(?)でした。そういえば、3年ほど前にお伊勢参りをした時にも、遷宮だとか。運がいいのか悪いのか…
208-1.jpg

213-1.jpg

とりあえず、寄付しました。「壱」が抜けていますけど。。。
214-1.jpg

215-1.jpg

実物(?)のさざれ石を初めて見ました。
197-1.jpg

199-1.jpg

ここで、昼食。
とにかく、不味かったです…orz

その後、定番のコースを巡り、帰途につきました。
境港の土産物屋さんで、酒のつまみ(イカの一夜干し)を購入。

途中、大山が何とか撮影できました。
226-1.jpg

結局、2日目は、観光旅行だったのか?
イエイエ、きちんと後日、報告しましょう(笑)

帰ってきたのは、午後7時半頃だったかな。
最後の焼酎のストレートは、よく利きましたけど。

旅行の参加費以外に使った総額は、土産と寄付を含めて、3000円ぐらい。

今日の財布の中身は、千円です(笑)

餅つき2日目

昨日19時40分頃に浸水したので、今日の8時ごろには餅つきを開始しなければならない。
一応12時間の浸水時間だ。

逆算すると、もち箱を洗って乾燥させるためには、3時間は必要なので、4時40分頃に浴室で洗って、浴室の乾燥モードで3時間をセットしておいた。

その他必要な物を洗っておいた。
DSC01602.jpg

昨日寝たのは恐らく9時頃だろう、起きたのは午前3時30分だった。
薪ストーブがほぼ消えていたので、寒くて目が覚めた。
と言うか、今日もコタツで寝てしまったのだが・・・

今回使うのは、
1.もち米を蒸すための容器
2.その蓋
3.餅つき用の羽
4.しゃもじ
5.計量カップ
6.片栗粉
7.もち箱
8.餅つき機本体(SANYO SPM-MP31)2005年10月 1日発売
  http://products.jp.sanyo.com/products/spm/SPM-MP31_W/index.html

もち米の量は5合を浸水しているのだが、暇があれば、このもちつき機の浸水機能も確かめてみたい。

しかし、今回倉庫を作っていて、そこに収納できるからいいものの、マンション等では保管場所をとりすぎるだろうなぁ。
1升炊きの炊飯器2個分の箱、重さは8kgだ。
付属品が一杯あるので、購入した箱に入れておかないと来年部品が足りなくなる。
もしかしたら、パンも焼くかもしれないけれど・・・

さて、7時40分になったので、「もち米の水切り」だ。
これを30分行う。
DSC01603.jpg

これが終わったらいよいよもちつき機を使って「蒸し」の作業に入る。
説明書を読みならがもちつき機をセットする。
蓋を取り外す。
DSC01606.jpg

この中に水を350cc入れる。
ここの真ん中のパッキンを確認しておく。
DSC01604.jpg

容器と蒸し用蓋をセットする。
DSC01605.jpg
おっと、もち羽をセットするのを忘れていた(^^;;;

もち米を入れて、蓋をして、「蒸す」ボタンを押す。
DSC01607.jpg

何か途中えらい音がしたが、もち米をかき混ぜていた。
35分ぐらいで出来上がる予定。
8時52分に蒸しあがる。

ボールに水と杓文字を用意して、「つく」ボタンを押す。
DSC01608.jpg
このぐらいの時には、杓文字を使って餅をまとめる必要があります。
もう少ししたら、ある程度丸くなってきたので放置しました。

DSC01611.jpg
これで出来上がりです。
9時13分、搗きあがりました。

一回目のピッピッは、10分かな。二回目のピッピッで結局、20分搗いていました。

ただ、今回水切りがしっかり出来ていなかったため、少し柔らかすぎました。
手に餅がくっついて、お餅を作るのが大変でした。
出来上がりです、1番大きいのと2番目は「鏡餅」にします。
本当は、あまりにも手にくっつくので、面倒臭くなっただけです(笑)。
DSC01612.jpg

9時25分過ぎに作業は終わったのですが、もち羽や容器についている餅は乾燥してから取り除きます。

さて、次は、「ひたす」から始めるか。
今回は、かきもちを作ります。(取扱説明書P77)

もち米を洗って、底に穴の開いていないパンケースに入れ、水を洗のところまで入れる。
本体にセットし、本体の蓋をして、「ひたす」ボタンを押す。
DSC01613.jpg

9時50分開始で、約50分だから、10時40分頃に終わる予定。

少し釜が熱くなっているので気をつけて、水切りをする。
10時45分から水切りを開始。
11時18分から「むす」に入る。
蒸し終わったところで、桜えびの粉末10gと塩小さじ1/2を入れて、15分間搗く。
DSC01614.jpg

搗く直前の投入後の写真です。
DSC01615.jpg

搗いている途中。
DSC01616.jpg

DSC01617.jpg
完成です。少し柔らかかったかな。
このまま2日間置いて、薄く切ります。

以上、今日の餅つき終了です。

餅つき

餅つき機の価格コムでの色々な口コミを読んで、購入してしまった。
SANYO SPM-MP31だ。
価格は18,703円、手数料550円だ。

1番引き付けられたのは、「おかき」が出来ることだったのだが。
殆どの人は、「そこかい!」と言うツッコミをしそうなのだが・・・

一応、私は「食べない」と決心した「パン」も作ることが出来る。
パンを食べないのは、これだけ麺を食べていて、食料自給率がどうのこうのという資格がなくなるのを恐れるためだ。
多分美味しいパンが出来ることはわかっているのだが、ここは我慢なのだ(^^;;;
DSC01600.jpg
今の段階では何がなんだか分からない、とにかく箱から出してみた。
明日ゆっくり説明書を読んでみよう。

30年近く前までは、実家で餅を搗いていた。
といっても、器械だった。
この頃で、2升ほどのもち米を蒸していたと思う。

今の家は父が建てた。
今から13年ぐらい前だろうか。
それより以前だった。
この頃には家で餅を搗かなくなった。

40年近く前は、石臼で餅を搗いていた。
この頃は祖父も祖母も生きていた。
今の家ではなく、祖父が建てた家だった。
祖父・祖母がいた頃の石臼の時は、おじさんも来ていた様な記憶がある。
その頃で、前の前の家が築16年だたのかな?
確か終戦後に建てたように聞いたのだが。

さて、問題の(?)商品は最初、九州地区の「ワン・TO・ワン・プラザ」と言うところに発注したのですが、29日発注と言うことで、ご丁寧にも「年内に届きませんがどうされますか?」と言うありがたいお電話を頂きました。
普通こんなことしないだろ?と思いながらも、年内の餅を作らなければいけないのも確か、と言うことで、申し訳なかったのですが、今回はキャンセルさせて頂きました。
今度何か購入することがあれば、お願い致します。

仕方なくではないのですが、大阪にある(これなら年内は確実)業者さんに発注し、代引きで30日昼に到着。

午後4時過ぎから、年末の買い物に走って、鯛・黒豆・大正エビ・数の子・もち米等々の買い物を済ませました。
有頭エビには、桜海老(?)(カキモチ用)を買いましたが(笑)。

ホームセンターを2軒回ってやっと木製のもち箱を購入。
プラスチックでは話になりませんよね(単なる私のこだわり?)

午後7時30分頃に、もち米の計量をしました。
これで五合です。
DSC01596.jpg

買ったのはこの米です。
複数原料米ということは、古米も入っているのですよね?
もち米の品種がわからないので購入にかなり躊躇しましたが、これしか見当たらなかったので(3軒目)、購入。
情報が少なすぎるだろ!(怒)

古米か古古米が入っていることを前提にしなければいけないのか?
浸水時間が違ってくるではないか!
ちなみに、神明も全農も同じ表示でした。
元JAS法の担当者としては、非常に不安な購入でしたよ、今回は(怒)。

一般の消費者の方はそこまで理解できていないかもしれないので、もっとたちが悪いかも。
こんな表示でいいと思っているのかい?農水省は?
意味が分かっていないんなら、話にはならないんだが・・・
以前はアイスクリームの表示基準で無茶苦茶書いていたからな!
DSC01597.jpg

一合の重さは160グラムでした。
DSC01598.jpg

DSC01599.jpg

12時間後に餅つき開始です。
大丈夫かな?(浸水時間)
起きれるかな、明日の朝???

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。