スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜を植えた。

平成23年4月30日、午後3時半より野菜を植える事にした。

実は、昨日実家に行っていたのだが、その帰りに、ふと、「野菜でも植えようか」と思いつき、ホームセンターに寄った。
当初の予定は、キュウリ1本とナスビ1本の予定だったが、いつの間にか、シシトウとかトマトとかが増えていった。

畑は去年放置状態だったので、とにかく、枯れた草の枝を除いた。

その後、ミツグワで植えるところだけ耕した(不耕起、無農薬、無肥料だ)。

キュウリです。
238.jpg

239.jpg

240.jpg

ナスビです。
241.jpg

トマトです。
242.jpg

スイカです。
243.jpg

ナンキンです。
244.jpg

2つの内1つはシシトウなのですが、もう一つは何だっけ?忘れた…


去年の草刈で、梅の木を切ってしまっていたのだが、何と枝が伸びて葉が出ていた。
245.jpg

もう1本の梅です。
246.jpg

さて、何時梅がなるのやら。。。

スポンサーサイト

天体観測室の建築?日目+1日目

ゴールデンウィークが昨日から始まった。

頼んでいた基礎は、既に完成している、
236.jpg


概略設計も終わった。

概略設計に基づき、昨日までに、木材を納品して貰えるように発注をしておいたのだけど、構造用合板は間に合わなかった。
235.jpg

2x4工法を選択しているので、構造用合板は必需品だ。
さて、どうしようかな。。。

とりあえず、現場合わせで、概略設計の数値を変更するために、建物基礎と望遠鏡の基礎の高さの差と、望遠鏡の不動点の位置を確認しておくか。

製剤所に構造用合板の納入時期を聞いて、間にあいそうになければ、壁に必要な分だけでもホームセンターで探してこなければ。
今回発注したのは、壁の分だけで、屋根の分は発注していなかったから。

屋根は、積雪と太陽光パネルの将来の設置を見据えての設計なので、結構大きくなるのだ。

9時過ぎに検討するかな。

壁の下側の寸法が10mm違っていたので、図面を修正した。

午後1時40分頃、意を決して作業を開始。
120mmx120mmx3000mmの柱を基礎の所に持って行き、現場合わせをする。
結構重い。400mmは持てないかもしれない。。。

と、片側が少し歪んでいたのと、反対側が汚れていたので、両方を切ることにした。

汚れている方を240mmちょっと切って、反対側の斜めになっているところを修正した。

そして、穴を開ける場所と確定し、穴を開けたのだが、斜めになっていたのか、嵌まらない。
仕方がないので、ドリルで修正し、無理やりつっこんだ。

つっこむ前に、ノミで穴を開けたのだが、基本がずれていたので、意味がなかった(^^;;
3mmほど北側にずれてしまったが、ま、良しとしよう。(適当です)

237.jpg

続きは明日以降で…
何時になったら完成するんだろう???

誰か手伝ってくれないかなぁ(遠い目)。。。

キャンピング用品を買った(その2)

前回は、ストーブ(コンロ)とハンゴウを買ったのだが、今回は、灯りを買った。
ホワイトガソリンを使うランタンは持っているのだが、ホヤという、布でできたものを炭化させて使うために、移動時には、ほとんど壊れていた。
非常に効率が悪いのだが、明るいので、使っていた。
LEDランタンも念のため持っているのだが、もう少しいいものはないかと、探していた。
そこで見つけたものがこれだ。

Coleman(コールマン) ルミエールランタン 205588
4,780円

233.jpg

ガラスの下の隙間から、マッチで火をつけることができた。
かなり明るい。
小さいボンベでも28時間以上は点灯出来る。温度には気をつけないといけないが。
ブタンボンベだと寒冷地仕様にもなるようだ。

これ以外にも色々と購入した。

遠征用のグッズとなる。

アプレ 3バンド防滴ラジオ AP-201 78247
3,080円

水に浮く 防水ハロゲン懐中電灯(単2乾電池×2個付)
580円

Coleman(コールマン) 2ルームドーム/240 170T15350J
29,800円

Coleman(コールマン) テントインナーマット 300 170TA0140
6,900円

Coleman(コールマン) ソリッドレザーグローブ(L) 170-9024L
3,200円

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ製アルペンキャンドルランタン M-8292
1,348円

VERTEX 20徳ツールナイフ ケース付 L-36
1,352円

Coleman(コールマン) マントル(21A型) 21A102J
368円

ロゴス(LOGOS) スカイエアベッドオート130 ミニポンプ付
4、890円

以上がこれまでに購入したものだ。
鍋とかコップは以前に買っていたものがあるので、そのまま使える。

天文関係の望遠鏡等を持ち運ばなければならないので、移動は自動車になるから、少々荷物が嵩張っても問題はない。

ホワイトガソリンとレギュラーガソリンが使用できるバーナーやランタンと、LEDランタンとLED懐中電灯も持っていく予定だけど。5リットルの携行缶にレギュラーガソリンを入れていけばいい。
火が付きにくいので、予備に、ガス関係のものを持っておけば、万全だ。

それと、寝袋は、封筒形を持っていて、以前に、洗濯機で洗ってやったので(少々無謀でしたが)使えるだろう。

テントを持っていかないと、物が多すぎて車中泊が出来ない状態だけど…
テントは雨天時も考えて、雨が降っても調理が出来るものにした。

エアーベッドは余計かと思ったが、家の中でも使えるかな。。。ということで。

かなりの出費をしたので、預金残高が心配だけど。
今回の天体観測室の建物基礎と木材と構造用合板とスライディングルーフのレールの金額が、30万超になる予定だから。

ガスでご飯を炊く(その2)

ご飯を、自家用精米機で3合分精米します。
227.jpg

米を研いで、羽釜の中に入れています。
228.jpg

これで準備万端。1時間半ほど漬け置きします。
229.jpg

時間経過後、初めは、噴いてくるまで、強火で焚きます。
その後、13分間弱火で焚きます。
230.jpg

15分蒸らしたら、完了です。
231.jpg

今回新しく買った、陶器製のお櫃に移し変えて、一部食べて、残りは、冷蔵庫で保存します。
おこげが結構できてしまいました…硬いのであまり好きではないのですが。
232.jpg

近畿圏の過去の地震

ちょっと気になっていたので、「近畿 断層」で過去の近畿圏の地震を調べてみた。

http://www.nakamura-architect.net/jisin-map.htm

によると、以下の地図が大変参考になる。

[地図の見方] 赤紫の楕円主要な震源域で、なかでも濃赤は要注意断層帯で警戒が必要です。

[地震デ-タの見方]

  上段/地震名
 下段/左から年月日、被害程度(下記)、津波(Tは被害有り、tは計測器に記録あるも被害なし)
       、M(マグニチュ-ド)、死者・不明者数 を示す。

[被害程度]
    ①微小被害 ②小被害 ③複数の死者(または全壊家屋) ④死者20人以上(全壊1000戸以上)
  ⑤死者200人以上(全壊1万戸以上) ⑥2000人以上(10万戸以上)
  ⑦死者2万人以上 (全壊100万戸以上)

jisin-map02.jpg
jisin-map01.jpg


どうやら我が家は大丈夫だが、実家の近くを山崎断層が、三木市から山崎町まで走っているようだ。

一部の地震名称の中に、大文字のTの文字が入ったものは、津波があり、被害者被害があったというものらしいので、沿岸の方は、過去の言い伝えや地域の記録を調べておいたほうがいいだろう。

同じ記事を、もう一つのブログにも載せておこう。

今回調べた理由は、以下の記事が原因だ。


「島の言い伝え、命救った」=1142年前の大津波―石碑建て継承・宮城時事通信 4月23日(土)5時31分配信

 両岸から大津波が押し寄せ、島の中央でぶつかった―。日本三景「松島」の東端にある宮城県東松島市の宮戸島。平安時代の869年(貞観11年)に東北地方太平洋岸で起きた大地震「貞観地震」をめぐり、島民の間にはこんな言い伝えが残されている。
 ぶつかったとされる場所(標高約10メートル)には石碑が建っており、そこより下は危険とされていた。東日本大震災で約1000人の島民は石碑より高台にある市立宮戸小学校などに一斉に避難。津波は浜辺の集落の大半をのみこんだが、石碑の手前でとどまり、犠牲者は数人にとどまった。「先人の言い伝えが命を救った」。近くに住む観音寺住職の渡辺照悟さん(80)はしみじみと語った。
 複数の島民によると、貞観地震では津波で多くの人が命を落としたとみられ、言い伝えは島民の間に浸透。大きな地震が起きると高台に逃げる習慣が身に付いていた。周辺の地名は「二ツ橋」とされており、「二つの津波がぶつかる姿を橋に見立てたのでは」と指摘する声もある。
 今回の津波で多くの犠牲者を出した近くの同市野蒜でも似たような話があった。カキ養殖業高橋勲さん(68)は1960年のチリ地震の際、潮が大きく引いた浜でピチピチと跳ねる魚を発見。手ですくおうとしていたところ、1896年の明治三陸地震の津波を知る長老が「大津波の前兆だ。早く逃げろ」と叫び、助かった。
 高橋さんは「海辺の言い伝えを知っていた漁師は今回も助かった」と振り返る。渡辺さんは「経験を後世に残すため、『平成の石碑』を並べて建てようか」と話した。 

研修旅行に行ってきました(研修を除く)

加美林業研究クラブの研修旅行が、平成23年4月15日(金)16日(土)とありましたので、HP担当者として、参加してきました。

初日の朝は、天気が良かったので、近所の花を撮影しました。
171-1.jpg

近所の先生の庭に植えてある、しだれ桜です。奥様に聞いたのですが、やや色あせてきている状態だそうです。
172-1.jpg

173-1.jpg

174-1.jpg

公会堂で、我が集落から参加する2人とともに、朝8時15分頃に、迎えのバスに乗り、出発です。
途中、数人を拾い、参加者は、全員で10人(参加率は、60%超?)です。

昼は、蒜山高原センターで、定番のバーベキューです。
175-1.jpg

この後は、鳥取県の現地に到着後、研修です。
これについては、近い内に、加美林業研究クラブでUPしたいと思います。

翌日、島根ワイナリー、出雲大社等々の定番の所に。
196-1.jpg

ここでは、ソフトクリームだけ購入。
195-1.jpg

次は、出雲大社。
205-1.jpg

改築中(?)でした。そういえば、3年ほど前にお伊勢参りをした時にも、遷宮だとか。運がいいのか悪いのか…
208-1.jpg

213-1.jpg

とりあえず、寄付しました。「壱」が抜けていますけど。。。
214-1.jpg

215-1.jpg

実物(?)のさざれ石を初めて見ました。
197-1.jpg

199-1.jpg

ここで、昼食。
とにかく、不味かったです…orz

その後、定番のコースを巡り、帰途につきました。
境港の土産物屋さんで、酒のつまみ(イカの一夜干し)を購入。

途中、大山が何とか撮影できました。
226-1.jpg

結局、2日目は、観光旅行だったのか?
イエイエ、きちんと後日、報告しましょう(笑)

帰ってきたのは、午後7時半頃だったかな。
最後の焼酎のストレートは、よく利きましたけど。

旅行の参加費以外に使った総額は、土産と寄付を含めて、3000円ぐらい。

今日の財布の中身は、千円です(笑)

天体観測室の建築?日目

平成23年4月9日(土)現在、我が家のそばの桜はまだほとんどが蕾です。
169.jpg

さて、2月中旬に依頼していた基礎工事が、4月に入ってから始まりました。
何時完成するか分かりませんが、コンパネが、東日本大震災のために、市中から消えています。
生産地が大打撃を受けたためで、西日本の生産を急ぐとともに、輸入もするようです。
しかし、1820mmx910mmx10mmのコンパネは、以前の倉庫建築の時に、購入した時には、1枚980円だったと思うのですが、今では、約3,000円前後です。

一部の人間が買い占めているのでしょうか?

流通が回復するまでは、倉庫建築に取り掛かれそうにありません…

今日現在の作業終了時の様子です。コンクリートが固まるまで待ちます。
170.jpg



キャンピング用品を買った

この時期にという批判はあるのだが、天体写真撮影のときの遠征用には絶対必要。
コールマンのガソリン(ホワイトガソリンと普通のガソリン兼用)は持っていたのだが、知人が、ガスバーナーを使っているのを見て、羨ましく思っていたのだ。
使い方が、ガソリンに比べて非常に簡単だからだ。

で、価格も平常時と変わらないところで、購入(多分)。

今では、このような防災用グッズにもなる、キャンプ用品は、数倍の値段になっていて、悪徳業者が跋扈している。
Amazonでもそうだったので、皆さん、気をつけましょう。

以前(去年の9月20日)に買った、LEDランタンなどは、当時2,600円だったのですが、今では、12,499円って、どんなにボッタくるんだ?

liz888と近江sellerだけど。12,000円以上で売ってやがる。
何なんだこいつ等は。こういう輩をAmazonは規制しないのか?

私の買ったのは、今回は、Amazonでしたが、良心的な店だったと思います。
ただし、平常時の価格は知りませんが、値段相当の品物・品物相当の値段だったと思います。
多分…通常の売買価格が分かりませんでしたから。でも、こんなもんでしょう。

時期が悪かったのかなぁ。
今は、東北地方の仮設住宅建設とか、住宅建設のために、コンパネと言う合板が、ありません。
天体観測室の建築をしたいのに、この合板がありませんね。
どうするかは、検討中です、延期が一番いいのかな。

これは、兵式ハンゴウです。
ご飯は、以前に購入していた、羽釜で炊けますが、おかずがどうしようもないので、ハンゴウで、おかずを作ることを考えました。
ま、アウトドアに、羽釜を持っていけませんけど…
168.jpg

蓋を固定するためのハンドルが付いています。
普通は、石を載せますけど。

中蓋は、フライパン代わりや、味噌汁入れになります。
外蓋は、ご飯が入れられます。
これを考えた人は、凄いですね。その才能に、驚きます。
「必要は、発明の母」でしたかね。

腰にぶら下げるために、曲面ができているのです。
それでいて、4合の米が炊けます。昔なら2人分ですけどね。おかずがないから。
非常時には、ご飯も、今では4人分?炊けますし。

もう一つは、上述の、ガスとガスコンロ(アウトドアでは何故か、ガスストーブと言います)です。
1泊2日程度でしかできませんので、これに、ランタンを付けたらいいかなと思っています。
でも、ランタンは、LEDの物を持っているので、当面はいいか、と。
167.jpg

着火がその内できなくなる(故障?)と言うことですが、別にタバコを吸っているので、ライターは必需品だし、吸わなくなっても、マッチやライターは、アウトドアには、必需品でしょ?

スタッドレスタイヤ交換

平成23年4月3日(日)、そろそろ気温も上昇してきたことだし、雪ももう降らないだろう。降ったとしても、積もってノーマルタイヤで走られないことはないだろう。

ということで、タイヤ交換をすることにした。以前買っておいた、インパクトドライバーが、前回のタイヤ交換の時に使えなかったので、今回は注意して、午前9時過ぎから、充電することにした。

しかし、充電池が1つお亡くなりになっていた。近い内に、こいつを使って、100Vから電気を取る方法を考えてみよう。

日曜日は、
朝5時半から、「時事放談」
7時半から、「新報道2001」
10時から、「サンデーフロントライン」
13時半から、「たかじんのそこまで言って委員会」
と結構忙しい(笑)。

サンデーフロントラインの内容によって、早く始められるかも。

11時15分過ぎに作業開始。
まず、自動車に付属しているL型レンチをタイヤのネジに引っ掛けて、その上に乗っかって、体重をかけて回します。
162.jpg

まずは運転手側の2本のタイヤのネジを緩めます。
その後、こちら側をジャッキアップします。
エンジンルームが重いので、運転席下辺りに引っ掛けます。前後輪が2cmぐらい浮けばいいです。
164.jpg

ここで、充電しておいた、インパクトレンチが登場です。
19mmのレンチを付けて、タイヤのネジを逆転させます。
これを星を書く順番で行えば、タイヤは外せます。
前回は、十字レンチを使っていたので、すごく疲れましたが、今回は楽勝です。

ラジアルタイヤを2本並べて、前後どちらにするかを決めます。
ちょっとゴムが減っている方が、後輪になります。
166.jpg
写真では、左側を前輪にします。

タイヤをはめて、インパクトレンチで、ネジを締めます。
163.jpg

その後、L型レンチを使って、手で増し締めします。
165.jpg

残り、助手席側で同じ作業を行ったらおしまいです。


明日、行きつけのガソリンスタンドで、トルクレンチを借りて、増し締めを行い、空気圧を調整します。
空気圧は、運転席ドアの閉まる所に書いてあります。

タイヤをしまい、工具類を片付けて、手を洗い終わったのが、11時49分。
タバコを吸う暇がありませんでした…

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。