スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MobileMapperProについて

先日より、MobileMapperProがカシミール3Dに使用出来るか否かについて、「ジオサーフ株式会社」(http://www.geosurf.net/)さんに問い合わせをさせて頂いたのですが、先日回答を頂きました。
お忙しいところ有難うございました。

駄目ならば、農林振興事務所の持っているGarmin60CSXを借りて、山林の中で本日実験しようと思っていたので、「農林振興事務所の研修会に参加する代わりに、器械を貸してね。」と頼んでいました。

その前に方法を教えていただいたので、助かりました。
本日は、「安全な間伐伐倒作業講習会」があり、講習会に専念してきました。
ただ、私個人は山林を持っていない(地目が山林の土地を持っていますが・・・)ので、あまり意味がないかも。
実際に伐採が必要なときには知り合いのプロに頼みますし。。。
素人がすると怪我をしますから。

で、研修会の結果は、林業研究クラブのHP(http://www.kamirinken.jp/)で後日報告します。

MMPのデータをカシミール3Dに取り込む方法としては、先日試した、GPXからSHPに変換する方法の逆、SHPからGPXに変換するという方法になります。
MMPのエキスポートでSHPに変換する。

一方、インターネットから、GPS TrackMakerをダウンロードして、解凍し、プログラムを起動。
File→ConvertFile で、上は、MMOから出力したSHPファイルを選択。
下は、ファイルの種類をGPXを選択して出力先を指定。
どうやら、ファイル名は変更できなかったようなので後でファイル名を変更すればいいだろう。

これを、カシミール3Dで読み込む。
すると、

191.jpg

左が、MMO、右が、カシミール3D。

これで、MMPとMMOとカシミール3Dを使って、写真の管理(境界の管理)、伐採面積の算出(MMPの誤差は補正後は0.5m~1.5m程度のはず)、新設林道の測量(センターを押えながら歩くことが必要)が可能となった。

次にすることは、林業研究クラブのメンバーにMMPの使い方を理解して貰うためのテキストを作成し、講義をし、実地講習をする必要があるのか。
先はまだ長いなぁ・・・(遠い目)

そうだ、今回分かったことを、林業研究クラブのHPのページとして作成しなければ。
これをテキストにすればいいか。
何時になることやら・・・

10月1日から始まった今回のGPS研究も、丸々20日かかって、やっと後は実地試験を残すのみ(?)になったので、また、休みのときに、テキスト作成や、講義内容を整理しておきます。

スポンサーサイト

GPSLOGGERのテスト

平成23年10月16日(日)、現地測量テストを行った。
LOGを1秒ごとに採ったのが失敗だった(5秒設定が正解かも)が、このLOGGERは、停止時に暴れまくってくれるので、ログの編集が大変だったが、何とか実験にはなった。

旅レコは、お気楽LOGGERなので、こんな感じで使うのだが。
179.jpg


結果、旅レコの画面は、
test(tabireko).jpg
となり、かなり現場と違うことと、写真の取り込み枚数が少ないことが問題だ。

続いて、同じデータをカシミール3Dで取り込み、若干の修正をかけてみると
test(kashmir).jpg
写真の取り込み精度は、旅レコのソフトに比べると、こちらが遥かにマシ。

この地図は、本付属の1/25,000なので、国土地理院の電子地図データである、「ウオッちず」でやってみると、こちらは、1/2,500なので、少しはまし。
test2(kashmir).jpg

しかし、結論としては、方法論は間違っていないので、もう少し精度のあるLOGGERを使えば、山の境界や植生や間伐の記録としては、十分ではないだろうか。

精度が高くて、カシミール3Dでもデータが取り扱えるのは、登山を趣味としている人たちに人気のあるGARMIN(ガーミン) GPSmap62SJ、または、その前期モデルであるGARMIN(ガーミン) GPSMAP 60CSx が妥当だ。

写真は、62SJ。
41adzvUBW8L__SL500_AA300_.jpg

地図は、カシミール3Dで利用できる「ウオッ地図」か日本登山地図(TOPO10M Plus) DVD版がいい。

最新モデルで多分性能も上がっているであろう、62SJとTOPO10Mの両方で、amazonで購入した場合には、10万円を超えるが。。。

林業ニュース(旧)の記事にある、精度の問題であるが、

http://forest-news.net/mt-search.cgi?search=%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC&IncludeBlogs=1&limit=20

やや鬱閉した林道上、周囲は針葉樹。
 機種名     衛星 誤差
モバイルマッパー6 4 5.2~6.2m
コロラド300    5  7~14m
GPSmap60CSx    7  6~9m
eTrex Vista HCx   7  6~14m
eTrex Legend Cx   3  13~19m
eTrex Vista C   4  6~14m
eTrex Venture HC  5  3~9m
eTrex Venture    0 補足できず


■やや開けた林道上、周囲は広葉樹
 機種名     衛星 誤差
モバイルマッパー6 7  1.9m
コロラド300  6  6m
GPSmap60CSx    8  5m
eTrex Vista HCx   7  6m
eTrex Legend Cx   5  9m
eTrex Vista C    5  6m
eTrex Venture HC  7  3m
eTrex Venture    4  10m

■やや閉鎖した林道上、周囲は広葉樹
 機種名     衛星 誤差
モバイルマッパー6 7 2.5m
コロラド300    7  7m
GPSmap60CSx    9  4m
eTrex Vista HCx   9  5m
eTrex Legend Cx   5  5m
eTrex Vista C    6  5m
eTrex Venture HC  8  3m
eTrex Venture    6  10m


■針葉樹林内(昭和43年植栽、樹高20m程度)
 機種名     衛星 誤差
モバイルマッパー6 6 3.7m
コロラド300    7  7m
GPSmap60CSx    7  6m
eTrex Vista HCx   7  4m
eTrex Legend Cx   5  5m
eTrex Vista C    5  11m
eTrex Venture HC  8  3m
eTrex Venture    0 補足できず


意外にも、GARMIN(ガーミン) eTrex Venture HC がいい仕事をしているようですが。
41gZkV2TFkL__SL500_AA300_.jpg


現在あるMobileMapperProのデータが、カシミール3Dで使えることがもっとも最適なのだけど。。。

GPSLOGGERを購入してみた。

平成23年10月1日から、「林業にGPSを使うために、MobilrMapperPro(以下MMP)を買っていたが、使い方が分からないと言うことで、調べてくれ。」と言われ、それ以来2週間、色々と調べてきた。

まず、当日、色々と調べた結果、下記サイトで詳しく書かれていたので、参考にさせてもらい、また、CD かDVDに説明書も入っていたので、参考にしながら、MMPで簡単なデータを取った。

http://forest101.life.shimane-u.ac.jp/「GPSの森@島根大学」


その後、MobileMapperOffice英語版(以下MMO)で編集することになるのだが、データが読み込めなかった。
そこで、ここしか頼るところがなかったので、10月8日(土)付メールで相談したところ、10月11日(月)早朝に快く引き受けてくださり、DVDで日本語版のMMOと日本語のマニュアルを送付して頂いた。

http://www.geosurf.net/ 
「ジオサーフ株式会社」さん、ありがとうございます。

以前にMMPを販売し、サポート体制もとられていたのですが、最近なくなっていたので、厚かましくも質問してしまいました。

お蔭様をもちまして、データを読むことが出来ました。
ありがとうございます。

しかし、MMOは地図データは、スーパーマップるのデータが使えるのですが、標高なんて出ているのかなぁ・・・
ということで、MMJデータをGPXとかGPBとかのファイルに変換できないか色々と試しましたが、結局出来ませんでした。
何かいい方法はないのでしょうか???
地図データを自分で作るのはちょっと勘弁してほしいなぁ、と。
逆に、GPXのデータをSHPデータに変換して、MMOで読み取ることは出来ました(あまり意味はない???)。


一方で、色々と調べていくと、「カシミール3D」と言うフリーソフトがあり、本を買うと1/25,000の西日本の地図データがついてくると言うことと、最も安く液晶表示がちょっとだけ出来ると言うI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOG を10月13日に購入した。

ちょうど出張だったので、試しにログを採ろうと、セットアップし、出張した。

data1(tabireko).jpg
これが、旅レコでとったログ。Googl Mapを使用しています。
標高があまり得意ではない。

data1(googlearth).jpg
Googl Earthに反映させたもの。
田舎ではだめ。

data1(kashmir).jpg
カシミール3Dに反映させたもの。
地図としては合格点のような。

詳細に見ると、動いていない時で室内の時は、かなり飛びまくっていますが、旅行のログとデジタル写真だったら十分な精度のようです。
デジカメの時間データとGPSデータの時間データから写真の位置を割り出すので、両方の時間をかなり正確にあわしておく必要があるかもしれませんが。

明日はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOG でGPSデータと写真データから、山の境界が取れるかを確認してみます。
出来るのであれば、もう少し精度の高いGPSを買ってもらおうかな。

なお、参考にした林業関係の本は林業GPS 徹底活用術です。

理由は簡単。
1.如何に安価で、
2.山の境界を記録に残しておくか、
3.間伐等の記録を残しておけるか、
4.林道を新たに新設した場合の管理をすることが出来るか。
これを満たす条件として、「正式な測量では、軽く数千万円かかるかもしれない広さに対して、2桁低い額で何とかならないかなぁ。」と言うことのようですね。

みんな考えることは同じなんですけど、先に進んでいる人たちのおかげで、我々も楽をさせて貰っていますね。
しかも、この分野は、山登りや旅行や自転車旅行のような趣味の方がおられるので、参考になります。

林業へのGPSの導入についての研究と草刈

平成23年10月10日(月)、体育の日の晴れの特異日。
朝から、MobileMapper ProというGPSの研究をしていたのだが、昨日とったLogをMobile Mapper Oficeと言うソフトで編集しようとしても、読み込みすら出来ず、この状態で、結局、4日目が過ぎてしまいそうだ。

午後3時、諦めて、草刈をすることにした。

草刈前の写真。
176.jpg

草刈後の写真。
177.jpg

何となくすっきりしたのだが、せっかく植えていた果樹を、今年も切ってしまった。
今回はリンゴかな???
ま、いいか。

また植えよう。

『林業GPS徹底活用術』を読んでいると、GARMIN(ガーミン) GPSmap62SJ(日本版) 86806
日本登山地図(TOPO10M Plus)DVD版-10m等高線地形図-
カシミール3Dを使うほうが良いようだ。
しかし、MobileMapper Proは、後処理で、誤差をかなり縮小できるので、こちらのほうが精度が高いのだが、ソフトに取り込むことが出来なければ、話にならないし、カシミール3Dへのデータ変換も出来そうにない。

178.jpg

秋祭り(宵宮)

175-12.jpg
平成23年10月9日(日)午後、7時半より祭りの宵宮です。

今年の出し物は、吉本喜劇風の劇をしました。


結果は3位以下。
残念。
来年こそは。。。
適当にやろうっと。

パソコントラブル

先ほど、2代目のクアッドコアを使っている方のパソコンが、メモリに障害が出たと表示して、再起動しなくなった。

6コアの今使っているパソコンも、8月下旬から不安定で、起動したりしなかったりだ。

メモリに障害が出ているのか、週末にでも確認する必要がありそうだ

電源は入っているようだし、両方とも同じ症状なので、MBでもなさそうだ。

一応動いている間に、Norton360でシステムのフルスキャンをしておこう。

久しぶりの薪ストーブ

朝起きた時(午前4時過ぎ)、室温が24度、室外温度は12度だったので、FFファンヒーターでも入れようとしたら、燃料切れ。
仕方なく、昨年購入した薪3本が残っていたので、薪ストーブに入れて、点火した。

174.jpg

今年の薪はどうしようかな・・・

テラ・ドーム星まつり

平成23年10月1日(土)午後18:30から21:30まで、テラ・ドームで星の観望会が行われた。

残念ながら、曇り空だったのですが、4日目の月は、雲の合間から何とか見ることができ、北斗七星のアクコルとミザールの二重星も何とか見ることが出来ました。

私は何とか、こと座のM57(リング状星雲)を視野に入れたのですが、やっぱり見えにくかったようです。
何人かは分かってもらえたのかなぁ。。。
マニアックすぎたかも。
でも、他の人が、ヘラクレス座のM13を入れていたりしたので、ま、いいか。

後は、白鳥座の二重星のアルビレオを入れている人もいました。

なにせ、曇っている所で、見所を探すのが大変でしたので、同じような物を見た人もいるかもしれません。
しかし、こればかりは、天候次第ですので。。。

最後に、『準星空案内人』の『準』をとるための、実地試験を、加古川宇宙科学(KSS)同好会の方にお願いして、試験をしていただきました。
その際に、夏の大三角形のワシ座のアルタイルを導入したのですが、説明内容が乏しかったのです。
そうしていたら、木星が導入できるようになったので、望遠鏡を移動して、40mm接眼鏡(50倍)と20mm接眼鏡(100倍)で見て頂く事が出来ました。

この時に見て頂いた方も、私も、『ラッキー』でしたね。
何とかレポートを提出して、『星空案内人』をとりたいと思います。
それから真面目に勉強するかな・・・
何分、随分前の知識なので、殆どを忘却していますから。

その後、帰宅し、10時半過ぎに帰ってきて、鹿3匹(親1匹・子2匹)のお迎えをしてもらって、空を見たら、西側半分は、快晴でした。
ま、こんなもんですね(笑)。

明日早起きは出来ないか・・・
プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。