スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 8mm F3.5

8_35_mainimg.jpg

http://www.sigma-photo.co.jp/lens/wide/8_35/

俗に言う、「魚眼レンズ」
ただし、これは、フルサイズCMOS対応。
なんのこっちゃ、と言う話なのだが、昔の35mmフィルム大のCMOSセンサーに対応するものだ。
ま、3000万画素以上のデジカメ対応と言ったらわかりやすいかも。
その場合に、全天が撮影できるのだ。
ビッグカメラのサイトに写真があったので、無断転用させていただきますが・・・
02.jpg

こんな感じです。
近いうちに購入したいのですが、未だに、APS-C対応のカメラしか持っていないので、四隅がケラレたようになるらしい。
ま、近い将来、フルサイズを購入する予定(w)なので、買っちゃおうかなと小一時間考えた私であった(笑)
結局この記事を書いている最中に、amazonでワンクリックしてしまいました・・・

また、撮影して画像を投稿します。
スポンサーサイト

欲しいけど高い・・・

ニコン、天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラ「D810A」


main_01.jpg

ニコンは2月10日、天体撮影に特化したデジタル一眼レフカメラ「D810A」を発表した。5月下旬の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込420,000円前後。

D810Aは、有効3,635万画素のニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載した「D810」をベースに開発された製品だ。D810AはD810に比べ、CMOSセンサー前面にある光学フィルターのHα(エッチアルファ)線透過率を4倍に高めたことが特徴。Hα線の波長で赤く発光する星雲をより鮮やかに撮影できる。

天体撮影向けの機能として、長時間露光マニュアルモード「M*」を新搭載。最長900秒のシャッター速度設定を可能としたほか、設定秒時を実制御秒時として比較明合成写真を撮影しやすくした。

また、夜間の撮影環境を考慮して、ファインダー内に撮影設定情報を表示。水準器の表示設定時は常時赤く点灯させる。ライブビュー撮影では、30秒のシャッター速度を想定したプレビューを表示できる。

リモートコードやマルチパワーバッテリーパックなど、天体撮影に便利なアクセサリー類もオプションとして用意する。




価格comでも、38万円台だった・・・
35mmフィルム並みの画質になるし、撮影時間は短縮される(相反則不軌がない代わりに、ノイズ問題があるが)ので、非常に期待できるのだが。。。

貧乏人は後数年待つしかないかな。
その頃にはCMOSセンサーが3000万画素を超えているだろうから・・・

天文ガイドの7月号ぐらいには記事になっているだろうし、読者の写真にも出てくるのだろうけど。

初めてOGビーフのステーキ肉を買った

300gで600円程度(税込み)。イオングループだ。
一杯切込みが入っていたが、厚みが均一ではなく、レアとミディアムに分かれてしまった。
焼く前に切っておく必要があるのか・・・それとも・・・
ま、普通の感覚なら、イオンの不手際だよな。安かろう悪かろうではねぇ・・・

焼いた写真(レアを目標に)
1651-1.jpg

一部を切ってみた。
1652-1.jpg

ま、最初から分かっていたけれども、切込みが入れられていたので、藁草履状態にはならなかった。
しかし噛み切れないなぁ。
食べ応えがあって、結局120g程度残しそうだけど。。。

猪発見!

10年ほど前に、庭に入り込んでいた子供の2匹の猪を見たのと、昨年道を歩いている母親の猪を見て以来の猪です。

今回は去年生まれた、まだ子供の猪です。
可愛かったですが、近づいたら逃げられました。トホホ。。。

1649-1.jpg

1650-1.jpg

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。