FC2ブログ

父親たちの星条旗

6月19日にアマゾンに他の本と一緒に発注し、20日に到着した。
酔って見ていたが、途中で記憶がなくなっていたので(^^;;)、起きてから再度見直した。
2時過ぎから見ていたのだが、私には良く分からなかった。


硫黄島は米軍が日本本土を攻める時の第1次決戦場、或いは日本にとっては日本本土決戦の第1次防衛線である。
そして、日本軍は、当然の如く、硫黄島を要塞化し、ゲリラ作戦を展開する。

これに対して、米軍は物量作戦で、攻め立てるのだが、中々簡単には攻略できない。
しかし、作戦の途中で擂鉢山に星条旗を建てることが出来た。
1本目の星条旗は、大尉だか誰だか覚えていないが記念に持って帰るということで、2本目を立てた。
この時に立てた6人が「ヒーロー」にされた。

日本の方もこの頃は非常に苦しい時期であったが、米国も戦費の関係で苦しかった。
そこで、生き残った3人の「ヒーロー」達を、国債購入の宣伝マンとして利用した。

利用された3人のその後の人生が、語られる。


今回のやつは、米国側からの硫黄島攻略作戦と、太平洋戦争(大東亜戦争)の終わり近くの米国の事情と、実際の戦争の実情を描いた物なのかな。
作戦中には同士討ちもあったようだ。
それと、戦争に兵士として参戦した者のその後の人生と言う物を描いた物か???

近い内にもう一つ一緒に買った、「硫黄島からの手紙」も見なければわからないのかもしれないな。



父親たちの星条旗 [DVD]




スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード