FC2ブログ

2010年はりま宇宙講座に参加した

今年6月に申し込んだ、標記講座が9月5日より開始になった。

姫路市青山にある、姫路科学館で、9時受付開始、9時半開講ということで、6時40分過ぎに出発したら(することがなかったし、途中地道を走った)、早く着き過ぎるので、白鳥PAで少し時間を潰したが、それでも、8時半には到着してしまった。
しかも、指定の駐車場である、青山小学校横に駐車したのだが。
早すぎ(笑)

P1000961.jpg

9時までは中に入れないので、外で、4本ほどタバコを吹かしていた。
9時に受付開始で、所定の料金500円とプラネ観覧料320円を支払って(多分団体料金になったのだろう)、中に入る。
途中、名札ケースの紐を落としたのを教えてもらって、拾って、待合席で待つ。

することもなく、周りの人を観察していると、中学生から定年を迎えていそうな人までさまざまな年齢層だった。
ただ、若い女の人が多いことに驚いていた。
全員で50人超か。
まだまだ、天文学は廃れてはいないのだと少し嬉しかったりしながら、そういえば、この間の「はやぶさ」の件もあったなぁと思い返したり。。。

そんなこんなで、プラネに移動し、始まるまで待っていた。

9時半開講ということで、少し段取りはよくなかったが、許容範囲か(笑)。
館長代理と言うことで、小関さんだったかが挨拶。
33分頃より開始(時計は見ていないが)。

10時40分頃までは、「懐かしい星座。10年以上見ていないような星座もあったり(^^;;;」を見ながら、結構面白かった。
星座を見ながら、そういえばあそこのM何とか(メシエ星団)を撮影したっけなぁなどと思い出しながら、解説を聞いた。

11時から12時半までは座学ということで、研修室で座って、講義を聴いた。
天文の基礎なのだが、小学生には、時間と内容が辛いかもと思いながら。

P1000962.jpg


大人でも、全くの素人では、かなりきついので、事前にもう少しやさしいテキストを購入して勉強したり、夜に星座早見を見ながら空を眺めたりという準備段階が必要なのかもしれない。

つまり、今回の講習の準備段階が夏休み中にでもあれば有りがたいのではないかと思った。
小学生や中学生の夏休みの宿題である、自由研究の題材にもなるしなぁ。

P1000963.jpg

帰りに、天体観測を私が進めた、友人宅にお邪魔をして色々な話をしたが、誰もが天文の基礎知識を持っているわけではないのだから、本当の基礎知識から始められる講座が、必要ではないかと感じたのだ。
今日の講座の内容は、ある程度の基礎知識があればわかるのだが(高校・大学時代に天文部であったとか何処其処の同好会で教えてもらったとか)、それがないと、かなりきついのではないか。

私としては、基礎を復習するとともに、間違えて覚えていたことなどの修正にはなったので、かなり役に立つ講座ではあったが。
何分、知識は30年近く前のものなので・・・
年がバレバレか。。。

レポートも国語の問題も含んだ難しい問題ではなかったかな?
私だけだったらいいのだけれど・・・

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード