FC2ブログ

パソコンの自作に挑戦3

と言うことで、12月30日(木)、朝、6時から再開する。

マザーボードの中身を出し、CPUとメモリとCPUクーラーを並べてみた。
DSC01954.jpg

マニュアルは日本語のようなので、とりあえず読んでみる。

ついでに、CPUクーラーとCPUも開梱する。
CPUクーラーのScythe(サイズ) KABUTO(兜)クーラー (SCKBT-1000)がかなり大きいので、ケースに入るか確認のため、組み立てた。
AM3の規格の金具を取り付けた。
CPUと付属のクーラーと並べてみた。
巨大である(笑)。
DSC01955.jpg

CPUクーラーは純正でもいいのかもしれないなぁ、と思いつつ、買ってしまったものは活用しようと思い、取扱説明書を読むと日本語もあったので何とかなったが、CPUの取扱説明書は保証部分以外は英語なのね・・・絵での解説で何とか分かるけどなぁ。

と言うことで、CPUを取り付けた。
DSC01956.jpg


次はクーラーだ。
と思ったら大きすぎて、メモリが取り付けられそうにないので、先にメモリを取り付けた。
16GBのメモリを搭載した。
DSC01957.jpg

そして、先にマザーボードをケースに取り付けた。
外部コンセントの蓋がきちんと取り付けできず、ボード左手前のネジが取り付けられなかった・・・
DSC01958.jpg

次にCPUクーラーを取り付ける。
添付のグリスをCPUに塗って、取り付ける。
純正にしておけば取り付けの苦労はほとんどなかったか・・・
CPUごと外れてしまったので、もしかしたら・・・
DSC01959.jpg

windows7に添付されていた、USB2.0のボードを手前に取り付け、グラフィックボードを取り付ける。
DSC01960.jpg

続いて、工学ドライブ(ブルーレイRW対応)を取り付ける。
一段目は外部への端子が付いているところなので、2段目だ。
DSC01961.jpg

HDDとSSDを取り付けるのだが、SSDは2.5インチなので、3.5インチ変換アダプターを取り付けてからということになる。
また、本来のHDDの場所に入れようとしたが、入りにくかったので、増設用の所(写真右下の所)に赤いアダプターを使って入れた。
DSC01962.jpg

SATA3は赤いコードを使い、SSDをマザーボードに接続。
BDはよく分からなかったので、下位互換のある赤いSATA3のコードを使ってマザーボードに接続。
HDDは通常の黒いSATAコードで、マザーボードに接続。

電源ケーブルは、それぞれのハードに取り付け、マザーボードのほうへ持ってきておく。

ケースの全面の蓋をして、それぞれのコードをマザーボードに取り付けていく予定だったが、BDの蓋とケースの蓋の位置が合わないので、ケースの蓋を切断することにした。
赤い線で囲まれた部分をジグソーでカットする。
DSC0196311.jpg



続く。


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かんち@加美

Author:かんち@加美
私の趣味三昧のブログへようこそ!

平成28年4月より、ブルーベリー観光農園の開園準備開始です。
7月中旬にプチ開園、本格的には、来年7月中旬開園です。
天体観測室は今年中に改修予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード